たけとけたと片付かない部屋

製造技術の仕事や家事・育児、趣味について書きます。

amazon定期おトク便でオムツを購入は便利でおトク!でも生産管理業務の大変さもあるよね。。。

郵便物

amazon定期おトク便でオムツを購入

我が家ではオムツをamazonの定期おトク便で購入してます。2人目の子どもができてから購入量が増えたことと買い物に行って大きな荷物を買うことが大変になったからです。割引も効いて安いし家まで運んでくれるので重宝してるんですが、定期おトク便であるが故のトラブルもあり、生産管理業務(受注を受けて生産を調整する人)の大変さを勝手に感じています。

  • amazon定期おトク便でオムツを購入
  • 定期おトク便の便利な点
    • まとめ買いで安い
    • 需要に合わせて設定可能
  • 定期お得便の不便な点
    • 発注してる商品がリニューアル
    • 顧客は在庫を持ちたがらない
    • 発注忘れは怒られる
  • 子どもの面倒だけでなく、ルーティンを見直して家庭を快適にすることも大切

定期おトク便の便利な点

まとめ買いで安い

 なんと言っても、コンスタントに安い。定期おトク便にすることで15%割引の恩恵を受けられる上に、送料無料です。通常3つ以上定期おトク便にしないと15%割引にはならないのですが、育児グッズは1つからでも15%割引です。

www.amazon.co.jp

 もちろん薬局などでセールしてるともっと安いときもあるのですが、それに合わせてまとめ買いできるものでもないので、コンスタントに安いのはかなりメリットがあります。

需要に合わせて設定可能

 定期おトク便ですが、商品選択時に「何ヶ月おきに買うか?」を選択できます。減りやすいものは1ヶ月に1度、そこまででもないものは2ヶ月に1度、などです。

また発送前にメールが飛んできて「発注しますか?」と確認がきます。このとき不要であればその回だけキャンセルできます。想定外に買いすぎることを防ぐ仕組みもあるので「そんなに使わなかったらキャンセルしよう」と気楽に発注することができます。

定期お得便の不便な点

そんな便利で安い定期おトク便なんですが、顧客の在庫管理能力が問われるシステムです。

発注してる商品がリニューアル

 定期購読している製品がリニューアルされてもこちらには連絡は来ません。ですがamazonからは見かけ上ちゃんと注文できているように見えます。これで1回ムーニーマンのLサイズが2週間ぐらい届かなくて嫁に怒られました。後で調べたら、リニューアルされた商品が定期お得便に登録されていて、発注した商品は在庫なしで届かなかったんですよね。(下の商品のようにパッケージがリニューアルされていました)

発注するだけでなく、発注した商品が来るまでが仕事です。基本ですね、失敗したけど。

ムーニーマン パンツ L (9~14kg) 女の子 エアフィット162枚 (54枚×3)【ケース品】

ムーニーマン パンツ L (9~14kg) 女の子 エアフィット162枚 (54枚×3)【ケース品】

 

「amazonでも在庫切れなんてあるんだな」って妙に納得してましたよね

顧客は在庫を持ちたがらない

 定期お得便だとまとめて買った方がお得なので、僕はオムツを大体100枚単位位で月1回飼っていました。ただオムツって結構かさばるので、届いた時は在庫がめちゃ増えるんですよね。

 なので嫁に毎回発注前に必要かどうか確認していたんですが、見かけ上在庫が残ってるので要らないよーって言われるんですよね。あぁそうかと頼まなかったら2週間後に言われるわけです。

あれ、オムツないの?

前いらないって言ったやん

えーもうすぐなくなるのにー

(・・・まじか(汗))

となります。なのでお客さん(うちの場合は嫁)の話を聞きつつも、オムツの減り具合を自分で考え、発注頻度をコントロールしてやる必要があります。定期おトク便は月の上旬にくるので、オムツの減り具合から必要量を概算していきます。

 またオムツは子供の成長によってサイズが変わるので買いすぎるとサイズアウトのリスクがあります。買いすぎずほどほどに、時には少し足りない分は店舗で買うことを想定しておきます。

発注忘れは怒られる

 定期お得便を始めてしばらくはよかったんですが、慣れてくると家にオムツが届けられるのが日常になります。なので在庫管理に失敗する、オムツを発注忘れしたりするとすごく怒られます。このとき店舗で自分が買うとしても「安く変えないんじゃないの?」と突っ込まれるためあまりリカバリーになりません。(汗

 ですので、ダンボールの中のオムツの量は常に管理しつつ、足りなくなるとわかったら週末で買いに行く段取りをしていくようにしています。

自分のミスは自分でまずキャッチアップしようとする姿勢が大切

子どもの面倒だけでなく、ルーティンを見直して家庭を快適にすることも大切

「パパが寝かしつけできないから役に立たない」

「子供がパパとお風呂に入りたがらないから役に立たない」

 我が家ではこのような境遇にしばしば遭遇します。本当に嫁がしんどい時に助けにならずもどかしい思いもしています。

 でも、パパが仕事から家事・育児までなんでも全部できる必要はないんじゃないかな?パパとママでそれぞれ得意・不得意があってお互いに支えながら、時に愚痴り合いながら解決策を探りながらやっていけばいいのかなと。

 「病気の人を救いたい」ってなった時に、みんながみんなお医者さんになる必要はないですよね。看護師はもちろん必要だし、検査技師も必要。病院を運営する上では医療事務も必要ですし、病気が完治するためのアフターケア・リハビリを行う人、未病のための健康診断を行う人、などなど医療に関して素人でもこのぐらいはすぐに思いつきます。「育児」「家事」だって全部一人でできるようにならなくてもよくて、足りない部分は助けてもらえるようにやってければいいんですよね。

 自分の子供だしできたら寝かしつけもしたいけど、子どもの問題でもあるので焦らなくていいかなあって思います。嫁がママを楽しくやっていくために、周辺業務を快適にしていくこともパパの醍醐味かもしれません。

ではでは!

【Amazon.co.jp限定】 パンパース オムツ パンツ さらさらケア M(6~11kg) 76枚

【Amazon.co.jp限定】 パンパース オムツ パンツ さらさらケア M(6~11kg) 76枚

 

 

続きを読む

生産技術エンジニアの40歳以降のキャリアが不安です

生産技術

  • 40歳以降のキャリアが不安
  • 今後のキャリアパス候補
    • 僕の現在
    • 1)会社の論理に従って、40代までにチームマネジメント経験を得る
      • (メリット)
      • (デメリット)
    • 2)現在の会社でのキャリアを一定諦め、社外での経験値を得ていく
      • (メリット)
      • (デメリット)
    • 3)転職して、同業他社でのスキルを積む
      • (メリット)
      • (デメリット)
    • 4)異業種(IT業界)に転職する
      • (メリット)
      • (デメリット)
  • ITエンジニアへの憧れ
  •  嫁の将来との相談
  • やりたいことをやるためには、やめることを決めないと

40歳以降のキャリアが不安

 自分の上司の働き方をみていると、「これは違うよな・・・」っていうものが増えました。週に2回以上は飲み会があったり、上長に呼ばれたらすぐに行ったり。そして何よりしんどいのが、40代以降はポストが空くかどうか次第でキャリアが変わってしまうところです。ポストを得るための社内政治も必要だし、アピールとして会社推奨の休日研修にも行かないといけない。きついなあー。

 基本的には工場で働くので、田舎住まいもほぼ確定です。一握りのエリートコースの人たちだけ本社で働いてる感じです。

 ちきりんさんが本で書いている選択肢の一つである40歳以降2度目の職業人生を歩む、ってのもやってみたいところ。。。なんですが現在の私の状況では40歳後半になるまでは目処がつかない+この期間に自分の子供たちとの時間も大切にしたい、と思っているのでこの選択自体が望む姿と合ってないことが判明しています。

 一方で「人の役に立ってバリバリ働きたい」という思いもあり、単純に業務時間を短くするのではなくやりがいのある仕事を定時でしっかりしたいとか。生産技術エンジニアは工場に合わせて仕事をするのが基本スタイルなので、うまくライフワークを整えられないなあというのと、そのような働き方をミドルマネジメント層はやっていないので自分がやってたらかなり浮いてしまいそうだなとか。

 現状は家に早く帰りたいので飲み会の数はセーブしているのですが、自分の意思でやってると思われると評価に影響が出そうなので「子供が体調悪くて~」とか「嫁が怒ってて~」と言い訳しながら断ってます。チキンです。この辺まだ自分の中でキャリアパスを整理できていないので習慣にいくつか破綻がでてきていますね。。。

今後のキャリアパス候補

 今後のキャリアパス候補を挙げてみました。生産技術エンジニアの5つのキャリアパスをベースに考えているものと、現行のキャリアパスから離れたケースを考えてます。

僕の現在

  • 30
  • 子供が上が2歳、下が0
  • 賃貸・地方住まい(嫁の実家近辺)
  • 共働き 

1)会社の論理に従って、40代までにチームマネジメント経験を得る

 チャンスが回ってきたら手を挙げて経験を取りに行く方針です。そのために家族にはある程度不自由をお願いするプランです。嫁にも働き方を合わせてもらう必要もありますし、飲み会や付き合いの回数は社内評価のために大きくは減らせません。出張とか突発業務に対しても家族に無理を言ってこなして行くスタイルです。

(メリット)
  • 現在の評価では海外駐在・マネジメント経験を得られる可能性は非常に高い
  • 年収は高め
  • 海外駐在があれば家族で海外生活経験を得ることができる
  • 規模の大きい仕事に関われるチャンスは大きい、今の所評価はそこそこしてもらっているのでチャンスが与えられる機会も少なくない
(デメリット)
  • 家族のライフプランが会社状況に左右される(海外の学校に通う・嫁も仕事を辞める必要があるetc)
  • 会社の状況・自身のスキル不足で上記チャンスをつかめない可能性がある(自分ではコントロールできない)
  • キャリア取得のためにある程度業負荷をこなさないといけない
  • 飲み会や会社行事に参加など、すべて必須ではないものの一定数参加する必要もあ(+キャリアを取りに行くために、二次会等の参加もしたほうがよくなる)

2)現在の会社でのキャリアを一定諦め、社外での経験値を得ていく

 会社の論理に従わず、現行のキャリアパスを諦めてもいいと考えて動くプランです。家庭状況・やりたいことを理由に他部署への異動や労働時間短縮に積極的に取り組みます。一方で40歳以降の生産技術エンジニアとしてのキャリアパスは途絶える可能性が極めて高いので、その経験を補完するために社内外含めて経験を得ていかないと「役に立たないおっさん」枠になるリスクが上昇します。

 社外での経験は社内で取れない経験を補完するために必要です。1)でもあったほうがいいですがWant2)ではMustという認識です。社外経験はプロボノ、オンラインサロン、Cloudworkなど報酬発生有無に問わず社外での活動を行うもののイメージですね。現在のキャリアで足りてない社外の人との繋がりを得る活動に時間を割かないと緩やかに詰む、「社内で自律して流されずキャリアを積む」プランです。今やってみたいと思っているIT関連の仕事も、自分でWebサービスを作ってみてそれ自体を売り込んでいく形でリスクヘッジする選択肢もあります。

(メリット)
  • 家族のライフプランが会社状況に左右されにくくなる(断りやすくなる)
  • 年収は現状維持可能
  • 現在のスキルを使ってしばらく働ける
  • 安定した立場を利用しながら、新しい経験も得られる
(デメリット)
  • 自律できないと、会社の論理に流されて早晩破綻する可能性が高い
  • 家族との時間を大切にするのはタイムマネジメントの問題なので、これで解決するわけではない
  • 飲み会・行事は会社のカルチャーであるため、全て参加しないという選択肢は取れない

3)転職して、同業他社でのスキルを積む

 会社の文化が気に入らなくて同調したくない部分もあるので、環境を変えてしまおうという選択肢です。僕には住む場所を変えて今の仕事に近い業種を選ぶケースと、住む場所を変えずに今の仕事と違う種類の業種を選ぶケースがあります。生産技術エンジニアは社外経験の要否はあまりないのですが、今後コーポレートエンジニアを目指す上で主体的にスキルを選ぶことが可能になります。このポジションは中年男性のエリートコース or キャリアパスから外れた人が行くところでもあるので、今後の市場評価が伸びるかは微妙です。それよりかは現在の待遇改善が主目的になります。

(メリット)
  • 企業文化の違うところで働ける
  • 年収は現状維持 or 上昇
  • 現在のスキルを使ってしばらく働ける
  • 転職市場としては需要があるので、住む場所を選ばなければ選択肢は多い(外資系、中小、ベンチャーなど会社規模も選べる)
  • 海外駐在のチャンスは消えない
(デメリット)
  • 住む場所を選ぶと選択肢が制限される
  • 住む場所を変えると、保育園問題で詰む可能性が高い
  • 企業文化が合うか合わないかは行くところ次第、企業文化が変わるかは運要素も大きい
  • 生産技術エンジニアでは、同じような企業文化を持つ会社が多いかも(大手中心のため)
  • 仕事が研究開発より、サービスエンジニア寄りになる可能性あり(募集要項と実際の業務が変わる可能性がある)
  • 業務時間も変更となる

4)異業種(IT業界)に転職する

 自分のワークスタイルを業種で規定してしまおう、そのためのスキルを勝ち得ていこうというスタイルです。転職後しばらくは薄給確定+激務の可能性もありますがそこで得たスキルで自分らしい働き方を掴んで行くスタイルです。自分の強みは「勉強欲」×「収集心」なので技術が日進月歩の世界で知識を増やして武器にしていくのは面白いんじゃないかと。ただ圧倒的に業界知識が足りないので絵に描いた餅になる可能性あり。これまでのスキルが活かされるかは不明です。

(メリット)
  • やりたいなぁと感じていることを仕事にできる
  • 将来のありたい姿、になるために必要な汎用性スキルが得られる
  • 将来的には住む場所もそこまで意識しなくて良くなる(+今も会社選んでも待遇差はなさそう)
  • 将来深刻なITエンジニア不足に陥るとの予測もあり、業界は上昇基調にあり
  • 業界的には、働き方の多様性は進んでいて、今後もこの流れは止まらないと予測
(デメリット)
  • 短期的に給料は確実に下がる
  • 短期的には未経験業種のため、働き方のコントロールは難しい
  • 企業文化が合うか合わないかは行くところ次第、企業文化が変わるかは運要素も大きい
  • 働き方の多様性が進む=世界中の人々と市場を取り合う可能性も出てくる

 

ITエンジニアへの憧れ

 なんでITエンジニアに憧れてるかって「スキルを持っていればキャリアアップ転職がガンガンできるし、働き方もスマートで無駄な飲み会とかも少ないよー」みたいなITベンチャーのイメージ(Twitter調べ)が強いからなんですね。実際のところ多数がそんな風に働いていないだろうし、ブラックな職場環境で働いている人もいると思います。「隣の芝は青い」を如実に表しています。

 そうやって職種を変えてでも手に入れたいのは現状の仕事の延長線上にライフワークが自分の思ったようなものになる可能性が現状ゼロだからです。大企業の論理で働けば、海外勤務や部署異動も会社に従うほうが状況がよくなる可能性が高い。自主都合でチャンスをフイにしてしまうと、転職できるようなスキルを持ちえないリスクが上がります。目が死んだ大人になってしまうリスクになるので非常にまずいです。

 転職市場では30代後半からはチームマネジメント経験を要望する企業が多いそうですが、僕たちの年代はリーマンショック後景気が回復してきたタイミングであり採用人数が多いんですよね。すなわち、チームマネジメントする経験を得るタイミングがそのときに来るのか?という点に関しては非常に怪しい。。。競争と運が必要になってくる世代です。

 35歳前後で海外駐在するキャリアパスを現在歩んでいますが、ライフバランスを取ると海外駐在を断る選択肢もあります。断ってしまうとチームマネジメント経験を40代に入るまでには得られなくなってしまい、生産技術エンジニアとしてのキャリアはか細くなってしまいます。まあ難しい。そんなややこしいこと考えずに自分のスキルでキャリアを渡っていけないかというのに憧れを持ってしまいます。

 またWebサービス系がある程度できるようになると、ベンチャーやNPOでの仕事の枠も広がります。組織で求められるバックオフィス業務は経理や人事、事務といった文系職が多いイメージだったんですが、SEもここに該当することに最近気づきました(遅い)。システム開発は外注でも要件定義なんかは社内で理解のある人がいないと進まないので新しいことを始める時にはいるかいないかは結構な差になります。

 まあ大概は業務委託してしまうので潔くそういった会社で働いたほうがいい気もします。。。

 嫁の将来との相談

 今回の件を考えるにあたっては嫁のキャリアイメージも知る必要があることがわかってきました。「住む場所を変える・変えない」は目下ぶつかる問題なので話はしていますが、それ以外にも

  • 30代は僕がバリバリ働いて、40代では嫁がバリバリ働くキャリア(40代までは僕はやりたい仕事・チャレンジをやめて準備だけしておく)
  • 共働きを継続してある程度の年収をキープして安定的に子どもが成人するまで働く
  • 「夫は仕事、嫁は家を守る」というスタンスで現在の会社でキャリアを積んで海外経験を武器に40代以降のキャリアを見直す

とか時間軸でキャリアを複数考えた方がいい気がしてきました。なんかこう、年収のこととか一人でウジウジ悩んでるのって独りよがりな気がして。僕が現在感じている危機感に対して、どういうレスポンスがくるのかも気になるところです。(僕は現状のいい状態をこの待遇でキープできないと感じているけど、案外そんなこと気にしてないかもしれないので)

文章長いから端的に説明してくれる?

す、すみません。。。

やりたいことをやるためには、やめることを決めないと

 昨年も実は同じようなことを考えていました。その時は1)2)のハーフぐらいで結論づけたんですが、今んところ非常に中途半端になってます。会社の飲み会はぼちぼち断ってるけど主張は出せないし、社外でのスキルアップの機会も設けることができていない、家では家事育児に奔走してる、、、みたいな状態です。英会話もプログラミングも放置気味になってしまいましたし。。。

 これって新しいことを始めることばかり決めてやめることを決めてないからなんですよね。時間は有限で、時短家電の導入は日々進めてますがどうやったって限度があります。今後自分がやりたいことをするためにもやめること・代替することを決めることが必要なのかなって。

 実際これを書いてる時間も、嫁が子ども2人の面倒を見てくれていたからです。頭の中を3時間かけて整理することができました。ありがたい。むしろ今度は逆をやらないといけないかもしれない(汗

 だらだらと書いてしまいましたが、なかなかキャリアを考えるのって難しいですね。人生に迷う子羊をまだまだやってます。なんかね、石田衣良さんの「40」のイメージなんですよね、40歳って、面白いし難しい。自分の目の前に40歳が見えてきていよいよ悩ましくなってきました。

 いやわかってるんです、最後はえいやーで決めたらいいってことは。もう少しで決めるのでウジウジさせて下さい(汗

40 翼ふたたび (講談社文庫)

40 翼ふたたび (講談社文庫)

 

 

www.taketoketa.com

 ではでは!

続きを読む

キャリアで悩んでるんですが、パートナーがしっかりしているので助かってます

f:id:jastaway03:20190203233805j:plain

今年の目標にも書いていますが、今後のキャリア形成について悩んでいます。

「このままこのレールで進んでいいのか?」ってやつです。

 こういうグチグチしたことを真面目に考えてしまう性分なんですが、パートナーである嫁に相談できる状態ですごく助かってます。

今の会社に入って

 会社に入社してから6年間、脇目も振らずにやってきて今の仕事の面白さややりがい・これからできるようになること・未来の姿も見えてきました。

 ただ一方で、「それって自分が望んでることなのかなぁ?」と悩んでいます。「仮に今の会社が描く成功を成し遂げても、そんなに自分は喜べないんじゃないかな?」とか考えてしまいます。

「生産技術」の仕事の将来

具体的には、僕は素材メーカーの製造部門付きの生産技術で働いています。

 僕のやっている生産技術というのは、「役にたつもの・売れるものを工場で大量生産するための技術を創る仕事」です。(生産技術にも色々ありますが、僕がメインでやっているのはこの部分です)

王道キャリアプランはこんな感じ。

20担当部門の製品に関する仕事をして、関連する生産技術力を伸ばす

30海外工場への駐在やリーダー格の仕事で、ラインマネジメント・チームマネジメントを行う

40: 30代の経験を活かして、他の製品に関する生産技術支援をコーポレートで行なったり、工場立ち上げリーダーなど、高い視座での生産技術業務に携わる

50: 40代で広げた仕事の幅と、その時に得た人脈を活かして会社幹部として働く、後輩の教育を行う

実際には4050代は人事部や総務部みたいな本社機能の仕事に移る、協力会社に移る、ものづくり部門に移る、などの社内転職も多いです。

 例えばこのプランで出世していったときに自分は嬉しいのかなぁ?とか考えてしまいます。昔は考えたことがなかったですが、NPOで働いたり、在宅勤務やリモートワークのような多様な働き方を目指したいとか、小規模な商売をやってみたいとか「隣の芝は青い」ものも含めて欲望が変わってきました。今の仕事内容の大半は楽しいんだけど、将来的にやっていく仕事、また将来に繋がる仕事に対するモチベーションが上がらないんですよね。規模の大きい仕事、組織の上部の仕事に上がっていくための経験は確実に上がるんですが、企業内政治に長けていく印象もありますし、そういった人付き合いが増えていくのも自分の性格には合わないなあと感じています。

今恵まれていることによる選択の難しさ

これはちきりんさんも言ってますが、やめるって本当に難しい。

いい人生の探し方 第一話 - Chikirinの日記

Exit - Chikirinの日記

 大企業に就職して、結婚・子どもができると福利厚生の恩恵を馬鹿みたいに受けれます。こうなると転職の時に収入が上がるってことは同業他社orハイリスクを取った選択肢しかないです。

 何をしたいのか?より何が合わないか?ぐらいしか今後のキャリアを変更するためのモチベーションにならないのも難しいですね。したいことがあればいいんですがそんなのもないし、得意なこともあまり思いついてない。事務作業は苦手だなあとか、社内政治は好きじゃないなあ、会社の飲み会が多いのいやだなあとかそんな感じ。

一方で嫁の方は

 嫁の方は、これまでに同業種で数回転職しているためこの辺りの話をしてもそこまで拒絶感がなくて助かってます。

 嫁からのアドバイスは「環境を変えると思ってたのと違うことが必ず発生するのでわかりやすい指標は作った方が環境の変化に耐えやすい」ということでした。仕事内容ややりがいなんてのは入ってみてどうなるかわからないし、実際やってみると「間違えたなあ」って思うこともあり得ます。年収とか働く場所とか、働き方とかは最初の契約でおおよそ決まるのでそこである程度納得感が得られるようにしておいた方がいいらしいです。

で、結局何がしたいと思ってるの?

それが分かれば苦労していないですよ(汗

パートナーの経験が支えになってる

 そんな感じでブレブレな日々を送っているのですが、この件に関しては嫁のほうがドデーンと構えてくれているので助かってます。共働きできる状態を作れていることも大きいですね。豆腐メンタルなんで、「1つがうまくいかなくなった時に、他でいかにフォローできる仕組みを作っておくか」ってのは意識して頑張っておいてよかったです。

もう健康不調とかで会社やめようかなー

働かないのはなしね、保育園入れれなくなるから(ばっさり

つらたん。。。

そんなこんなでぼんやりやってます。パートナーがしっかりしててよかったですね(汗

もうしばらくはキャリア形成で悩んでそうです。

ではでは!

子どもがリモコンを無くして大変な目にあったので、Key finderを買ってみました

f:id:jastaway03:20190202170647j:plain

12月30日のあの日、、、

我が家を襲った悲しい出来事と、その教訓(?)を紹介します。

  • ある夜の事件
  • 紛失防止タグ購入
    • 取り付け方
    • リモコンへの取り付け
  • 導入したメリット
    • 探すストレスが激減
    • 子どもは無くしたものを覚えていない
  • 最後に

ある夜の事件

ある日の夜、家族団らんしていると

(リモコンを持って)パパーアンパンマン見たいー

えー今日いっぱい見たでしょーダメですー

えー仮面ライダージオウみたいー

ダメですー(スマホをいじりながら)

 〜〜〜5分後〜〜〜

ビデオデッキのリモコンない?アメトーーク!録画したいんだけど

え?その辺になかった?

 〜〜〜10分後〜〜〜

ほんまにないんやけど?

あ、娘ちゃんがさっき持ってたわ。娘ちゃん、どこにリモコン置いた?

リモコン、知らない

わからんのー。どこなんやろー

〜〜〜3人で捜索すること30分〜〜〜

なんで!?なんでリモコンないのよ!?今日アメトーーク!SPやのになにこれ!?

この3部屋しかない家のどこに行ってしまったんや・・・

リモコンないなー

〜〜〜2時間後〜〜〜

・・・ちょっと、パソコン貸して

え、なんで?

あんたamazonプライム会員やろ?お急ぎ便でリモコン買うわ

えーーー!?

結果、リモコン購入しました(3000円かかった泣)

教訓:子どもは無くしたものを覚えていない

本当にどっかに行ってしまいました、リモコン。あれから1ヶ月経ちますが見つかる気配がありません。ゴミ箱とかも探したんですが、未だ見つからず。

TV用のリモコンでTVの操作はできたんですが、ビデオデッキの録画モードに入れなかったんですよね。悲しい。なんと言っても嫁がイライラして怖かったです。(よほどアメトーーク!が撮りたかったらしい...)

紛失防止タグ購入

対策としてこんなやつ買いました。

紛失防止タグです。付属のリモコンのボタンを押すとタグからアラームが出る仕組みです。「あれ?とこいった?」となったときに鳴らして場所を調べます。f:id:jastaway03:20190202170647j:plain

開けて広げるとこんな感じです。ボタン電池は6つのタグの数ついてます。

取り付け方

f:id:jastaway03:20190131080334j:plain

タグはボタン電池で動きます。カバーの取り外しは付属のツールではやりづらいので、マイナスドライバーとか使ったほうがいいです。大きさは大きすぎず小さすぎずちょうどいいですね。

リモコンへの取り付け

そもそもリモコンにアクセサリーなんてつけないんで、タグをつけるところがないんですよね。ストラップつけれるようなリモコンカバーを探したんですが、これが意外とないです。

 

f:id:jastaway03:20190202172434j:plain

なので、輪ゴムでつけてみました。

電池カバーに引っかけて使っています。ダサいですが、操作の時に邪魔にもなりません。子どもにも引っ張られてたまにちぎれますが、特に高いものでもないのでつけ直して使ってます。(他にいいものを知ってる方がいたら教えてください)

 

f:id:jastaway03:20190202172729p:plain

リモコンの方には名前シールをつけてすぐわかるようにしてます。とりあえずTVとビデオデッキに使ってます。残り4つは予備軍です。

導入したメリット

探すストレスが激減

ものを探すときは、

ありそうな場所を考える探すなかったら次にありそうなところを探す、を繰り返す

これが紛失防止タグを使うと

タグを鳴らして、範囲を特定する探す

2ステップで終わるのですぐに見つかるし、「なんでないのー?」と思いながら考えるステップが省けます。探し物を探しているときって大抵急いでいるときなので、ありそうな場所が分かっているのと分かっていないのでは全然違うんですよね。

実際探すときはこんな感じで探してます。

子どもは無くしたものを覚えていない

子どもが物をなくすと、それが故意でなくてもついつい責めてしまうんですよね。本人も忘れてるので怒られてるのは分かるけど、どうしたらいいか分からなくて困ってしまっていました。

これって、誰も幸せにならないんですよね。子どもがさわるものって普段使いのものだと大体決まっているので、紛失防止タグを付けておけば不毛なやりとりも減るのでオススメですよ!

最後に

前からリモコンを探すことが多かったんですが、まさか見つからないことがあるとは思いませんでした。子供がいると本当に何が起こるかわからないですね。。。

他にもなくしそうなもの(車の鍵とか)につけて使っていきます。

ではでは!

 Amazonだとこちら

楽天だとこちら 

続きを読む

夫婦での「対話」の話題作りに門田瑠衣子さんのVoicyがかなりよかったのでおすすめ

Voicy

夫婦での「対話」の話題作りに門田瑠衣子さんのVoicyがかなり使えて良かったです。

  • 真面目な話を夫婦でするのが恥ずかしい
  • 夫婦で家族の今後の話がしたいけど、なかなか時間がとれない
  • 真面目な話をするとついつい討論に熱が入って、喧嘩になってしまう

など、意外とありがちな夫婦間のコミュニケーションを円滑にしてくれます。

「夫婦で真面目な話をするのって意外と難しいよねー」と思ったことのある人なら、一度試してみる価値がありますよ!

  • 門田瑠衣子さんのVoicy
  • 夫婦での「対話」の話題作りに使うメリット
    • トピックから家事・育児の話がしやすい
    • お互い家事をしながら聞いて話ができる
    • テーマがはっきりしているので喧嘩になりにくい
  • 夫婦で対話するのに方法論が必要
続きを読む

「自分コンパス」流で2019年目標を立てました!

f:id:jastaway03:20190105094300j:plain

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 今年は「自分コンパス」で紹介されたやり方を参考に「たけとけたの2019年の目標」を作りましたので紹介します。

  • いつも目標を立てるけど結局なし崩しでやらなくなってしまう
  • 抱負を考えても、自分の大切なものと違うことが多い

といった問題を解決する方法で納得感も高いです。気に入ったら是非参考に目標を立ててみて下さい!

7つのステップに別れているので、バタバタする年始でも分割して進めれるで!

  •  自分コンパス流「2019年の目標の立て方」
    • 2018年にやったことを棚卸
    • 良かった点・改善点を出す
    • 人生でやりたいこと・なりたい状態100リストを作る
    • 優先順位をつけて5つ選ぶ
    • 6カ月→3カ月→1ヶ月まで分解する
      • 子供に夢を語れる父親になる
      • 人を楽しませる・喜ばせる文章をブログに書く
      • 慢性的な肩こりをなくして、楽に仕事+健康的に仕事をする
      • ポジティブになる
      • 家のIoT化を進めて、面白い家を作る
    • 1歩目を明確にする
  • この方法で目標を作るメリット
  • やりたいこと・なりたい状態100リスト
続きを読む

2018年は「余裕を持って楽しめるようにともがきまくって余裕はなかったけど楽しかった」1年でした

ご無沙汰しています。たけとけたです。

大晦日は紅白を見ながら子守をしながら、年越しまでドタバタしてます。

2018年は「余裕を持って楽しめるようにともがきまくって余裕はなかったけど楽しかった」1年でした。どんな総括やねん!家事・育児時短をやって稼いだマージンが第2子誕生で吹っ飛んでぶん回された1年でしたね。いやー大変だった(笑)

  • 2018年の抱負から気付けたこと
  • 余裕がなくても楽しかったこと
  • 余裕がなくて辛かったこと
    • 教訓1:スパンが長くてもいいから、簡単にやめてしまわない
    • 教訓2:自分の時間をお互いに作る工夫をする
    • 教訓3:即物的な娯楽に逃げこまない
  • 2019年に向けて

2018年の抱負から気付けたこと

 2018年の抱負は「余裕を持って楽しめる人になる」でした。

www.taketoketa.com

 僕はくそ真面目になんでも頑張ってしまって、アドレナリンを出し尽くしてぶっ倒れてしまうタイプの人間なのでペース配分をコントロールすることが苦手です。なんでもかんでも堅苦しく頑張ってしまって潰れてしまうんですよね。なのでブログを本格的に再開した去年の冬頃からも、なるべく自分を追い込まないように意識していました。2018年の抱負もそれを意識した内容になっています。

 結果としては「余裕を持って楽しむって、自分の時間をコントロールすることだね」と気付けました!

・・・なんだよ、気付けたって!!!

 と言いますのも、下のブログにも書いたんですが2人目が産まれてから自分の時間が減ってしまい、それに合わせて余裕がなくなってしまったからです。今も変わらず自分の時間がほぼありません。

www.taketoketa.com 

「余裕を持つ」≠「時間がある」

「余裕を持つ」= 「自分のゴールを自分で決めることができる」

余裕がなくなる時の思考回路って結構単純で、自分の考えるあるべき姿からどんどん乖離していることが許せないときです。

「いままでこれはできていたのに」

「この時間はうまくやれてたのに」

「指示された内容はだいたいこなせていたのに」

 このように「あり姿」≠「実態」となっていることに対して納得いかないと、なんとか自分の力でリカバリーしようともがいてしまいます。僕の場合は「下の子を寝かしつけることができればいままで通りブログが書ける」「妻が2人分の育児に早く慣れてくれれば時間が作れる」なんて虫のいいことを考えていました。当然そんなことはすぐにはできないので、状況に対してフラストレーションが溜まっていきます。

 

 目標を下げて時間的余裕を生むために10月頃からは、自分の好きなことでも時間の制約があることにはがっつり制約をかけて断捨離していきました。趣味のサッカーは参加率を下げ、ゴルフは不参加、飲み会も週一回として断って調整、休日の予定は子ども同伴を前提にしていきます。今年目標にしていた「オンライン英会話を週4回」「プログラミングの勉強をする」なんかは完全に棚上げでした。プログラミングなんて4月以降触ってないもんね。。。そうやってできた時間の大半は娘との公園遊びに使っていたのでパパ業としては良かったです。

 なんですが自己犠牲感からなる充実感があるのかなあと思いきや、実際は職場でのストレスも相まって荒んでいく日々でした。口がどんどん悪くなって昔の友人に「きつくなったよね?」と心配されたりしてました。何かが上手くいかない、自分で思うようにやっているのに歯車が合っていない、半分正解で半分間違い、って感じ。「毎日楽しいんだけどなぁ?そんなに悪くないはずなんだけどなぁ?」という感じです。

余裕がなくても楽しかったこと

今年は色んなことに首を突っ込めたので、刺激が多い1年でした。

  • Amazon アソシエイトでちょっだけ物が売れた
  • ストレングスファインダーを使ってみた
  • 「Python」を「パイソン」と読めるようになった
  • オンライン英会話を始めて、テキトーな英語が喋れるようになった
  • 上の娘と一緒に映画館でプリキュアを観た
  • 下の娘が産まれて、毎日にぎやかだった
  • Google アドセンスの審査に落ちた(1回目)

 ブログ・Twitter経由で色んな情報を得たことで興味から一歩踏み込んで自分の手を動かせたのがよかったです。ブログ関連はがっつりできていないものの、普段の生活では知ることのできない情報に足を突っ込めていてとても良かったです。

 他にも映画とかもあんまり観に行ってなかったのですが、Twitterで情報を得てアンパンマンの「親子上映」を観たのとか面白かったです。子どもが増えると生活ががらっと変わったんですがそれ含め楽しかったですね。仮面ライダーもプリキュアも平成最後!で吹っ飛ばしてとても面白いです。

余裕がなくて辛かったこと

 余裕がなくて辛かったことは、そのまま「自分の時間がなかったこと」です。

 これは小さい子供を育てる上ではある程度仕方ないことです。2018年は悪戦苦闘としましたが、ちょっとずつ自分のフラストレーションの正体を掴んでいってます。

教訓1:スパンが長くてもいいから、簡単にやめてしまわない

 前述のように、プログラミングの勉強や趣味のゴルフは早々に諦めてしまいました。短期的には時間の余裕が得られたんですが、段々人生が物足りなくなってしまったようです。それが積もり積もってフラストレーションが溜まっている状態が常態化していたように感じます。

 この間久しぶりにゴルフに友人と行ったらめちゃくちゃ楽しかったので、「3ヶ月に1回程度」「半年に1回」とかスパンを長くして、時間を作れないか嫁と相談していきたいですね。

教訓2:自分の時間をお互いに作る工夫をする

 少しずつ話をするようになってきましたが、嫁とお互いに自分の時間をどうやって捻出するか相談しながらやっていかないと共倒れになってしまうなあと感じています。今年の後半では僕の変化に気づいたらしく、嫁の方から「もうちょっとストレス発散で何かしてきたら?」と提案してもらっていたんですが、上記の思考に入っていて何が自分のストレス発散になるのか分からなくなっていた時期もありました。

 反動でどかっと時間をとってしまうとお互い愚痴合戦になってしまうところもあり、納得感を得るために個人の時間を分かりやすくすることも大切かなあと思います。家事・育児の時短だけでは決して埋まらないところだったので、来年の課題ですね。

教訓3:即物的な娯楽に逃げこまない

 時間がないからといって、安易にTwitterを徘徊ばっかりして過ごしていたんですが、時間の割に充実感がなくてよくありませんでした。「時間がないから」を理由に安易に好きなことを諦めるのはほんとによくないですね。もちろん昔のようにはできないので、工夫しながらやりくりできたらなあと思います。

2019年に向けて

ここまで書いてきましたが、「2019年の目標は?」って感じなんですが、、、

 

まだ考えてません!!!(汗

 

やばい、もう紅白終わってしまうというのに、、、嵐が「走り出せ!」って歌っているのに、、、年越しそばもまだ食べてない(汗

 

来年の目標は来年下記の方法で考えてみようかなあと思います。日々改善です。

jibun-compass.com

 

振り返ってみると色んなことに足を突っ込めて楽しかったですね。来年はこの流れで友だちを増やしたいなあ。僕は友達が少ない(泣

 悩みまくっていた1年でしたが、身の丈にあったぐらいは楽しくやれたんじゃないかなー?ブログタイトルが「たけとけたと片付かない部屋」なんで、当分は思考も片付きそうにないです(笑)これじゃGoogleアドセンスに通らないよー。

 

 そんなこんなでお付き合いいただきありがとうございました。来年も等身大でいきますのでお付き合いいただけると嬉しいです。

ではでは!

続きを読む

子供をどう育てるか議論してみたpart 1

    パンジー

先日嫁と話していたときのこと。

子供って、どんな風に育てたいとかある?私の周りは資格職の人が多いから、みんなと「資格取って働くことを勧めたい」って話をしてるんよねー

うーん、、、ちょっと考えてみるわー(せっかくのいい機会だし、ここでしっかり話し合いたいんだけど、議題が難しいな)」

ということで家庭トップ会談エントリ、スタートです。

※もちろん家庭トップは嫁です。

  • 僕の意見
    • どんな大人?→自分軸の価値観を持っている大人
    • その目標に向けた施策
  • 議題設定
    • アウトプット
    • 議論に用いる資料
  • 実際に議論してみた
続きを読む

家事がグッと楽になるおすすめ家電・グッズ

f:id:jastaway03:20180605224619j:plain

 子どもが産まれてから色んな家事を楽にする製品を購入しました。お値段も大小様々で一部失敗もありましたが確実に去年より便利になりました。このエントリでは、実際に購入して役立った製品を紹介します。

(☆の数は自分なりの評価です。便利度とコストを5段階評価してます)

  • 家事がグッと楽になるおすすめ家電・グッズ
    • 食器洗浄機
    • ルンバ
    • 空気清浄機 
    • ピンチ
    • ヨシケイ(食材宅配サービス)
    • 米保存器
  • 家事を楽にする改善の進め方
  •  家庭を改善していくのはすごく楽しい

家事がグッと楽になるおすすめ家電・グッズ

食器洗浄機

便利度 ☆☆☆☆☆
コスト ☆☆☆
食洗機は僕が導入した家電で最もインパクトがあったものです。食器洗いさ行が驚くほど楽に且つ仕上がりが統一され誰でもできるようになりました。食器洗いで夫婦間の言い争いがなくなったこともポイントです。 

ルンバ

ルンバ

便利度 ☆☆☆
コスト ☆☆☆
掃除の自動化と言えばルンバです。人が掃除するよりも動作に無駄が多いものの、その疲れ知らずの働きで毎日掃除してくれるので有難いです。
小さい子どもがいるとものが床に散らばりがちなので、運用のために片付けの工程が必要なのが悩みの種ですね。おもちゃ片付けロボットが欲しい。

空気清浄機 

空気清浄機


便利度 ☆☆☆
コスト ☆☆☆☆
もう1つの室内掃除の立役者です。ホコリをキャッチしてくれるので家が汚れにくくなります。加湿機能がついているものがほとんどですので、冬場はインフルエンザ対策にもなります。最近のものはフィルターのお手入れも楽チンですね。

ピンチ

ピンチ

便利度 ☆☆☆
コスト ☆☆☆☆☆
洗濯物干しでいぶし銀の働きをしているのが、手で引っ張るとするっと取れるピンチです。手で引っ張ると洗濯物がするっと外れます。細かい芸ですが毎日の作業なのでちょっとの手間が省けるのがいいですね。

ヨシケイ(食材宅配サービス)

yoshikei-dvlp.co.jp

便利度 ☆☆☆☆☆
コスト ☆☆
 これは物品じゃなくてサービスですね。我が家では食材宅配サービスのヨシケイを利用しています。ヨシケイのおかげで、僕も平日夜に料理できるようになりました。食材が決まった量届いてレシピを見て作るだけなので、僕がやっても大丈夫なんです。
これによって週1回でも夕食の料理をお願いできるので「夫に料理を作って欲しい」と思っている方は是非導入してみてください。
コストは少しお高めですが、栄養士監修なのでバランスよく食事が取れますよ。

米保存器

米保存容器

便利度 ☆☆☆
コスト ☆☆☆☆☆
「お米は冷蔵庫保管がいい」という情報を得た妻が決めた「米ペットボトルルール」から脱出できた改善です。人に言われるがままやるのでなく、自分だったらどうするか考えることが大切だと再認識できました。

家事を楽にする改善の進め方

 家事を楽にするにあたっては色々と考えることがあるのですが、何はともあれお金がかかります。そのため積極的にやっていくためにもどの程度お金を使うか?や改善の主担当者が裁量を持って進める方が物事が進みやすいです。

家事・育児の改善活動への夫婦でのお金の使い方 - たけとけたと片付かない部屋

 家庭を改善していくのはすごく楽しい

 実際に導入にあたって色々失敗もしています。食洗機は引っ越しで分岐水栓の買い直しが必要だったり、ルンバは走らせるところがなくてしばらく放置だったり、、、工夫しながら少しずつ使えるようにしていくのはすごく楽しいし、学びも沢山あって面白いですね。

ではでは!

続きを読む

家事・育児の改善活動への夫婦でのお金の使い方

f:id:jastaway03:20181126225128j:plain

どうも、たけとけたです。子どもが産まれてから色んな家財を購入しました。お値段も大小様々で一部失敗もありましたが確実に去年より便利になりました。

このエントリでは、我が家で実施している家事育児の改善活動のお金の使い方について紹介します。

  • 家事・育児の改善への予算の使い方
    • 夫婦で分けるメリット
    • 夫婦で分けるデメリット
  • パートナーに予算を渡して育児・家事に参加してもらおう
    •  パートナーと家庭運営するのに役立つ書籍
続きを読む